ローソン、中国国内の店舗数6000店舗突破へ

 ローソンは8月1日、中国国内の店舗数が8月中に6000店を突破する予定であることを明らかにした。

 2022年7月に5000店舗を突破してから約1年で1000店舗をオープンしたことになる。

 ローソンは上海市政府から招聘を受け、1996年に現地子会社(上海ローソン)を設立し中国初の日系コンビニとして上海市に進出。
 2010年以降、現地子会社を設立し、重慶市、浙江省、大連市、北京市、天津市などに出店。2014年からは各都市で地場小売企業とのメガフランチャイズ契約を推進し、出店エリアと店舗数の拡大を加速させてきた。

 パートナー企業が本部機能を持ち指定エリアにおける運営開発全般を担うエリアライセンス契約も推進。8月4日にオープンする海南省海口市の記念店舗はエリアライセンス契約による運営となる。

 ローソンは今後も中国において、エリアライセンス契約や各地でのメガフランチャイズによる出店を強化し2025 年度に1万店舗への拡大を目指していく。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球