台湾で食肉製品PR 食品見本市に出展

日本畜産物輸出促進協議会では日本産食肉加工品の認知度向上へ、6月に行われた台湾最大級の国際総合食品見本市「FOOD TAIPEI 2023」に出展。製品の展示や試食、アンケートなどのプロモーション活動を実施した。同会としては21年に食肉加工品輸出部会を設立して以来初の海外出展。

今年に入り承認を受けた、台湾向け食肉製品が製造できる認定施設を持つ2社の協力を得て実施したもの。アンケートでは、来場者の約9割から「大変おいしい」「おいしい」の評価が得られたという。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日