東洋水産 次期社長に住本専務 9年ぶりトップ交代

東洋水産は12日、住本憲隆専務取締役が代表取締役社長に昇任する人事を発表した。6月22日付。今村将也代表取締役社長は代表取締役副会長に就く。堤殷代表取締役会長と3名で代表権を持ち、経営体制のさらなる強化を図る。

同社の社長交代は2014年6月以来、9年ぶり。

【略歴】住本憲隆氏(すみもと・のりたか)=1966年2月7日生まれ(57歳)。1988年3月甲南大学経営学部卒、4月東洋水産入社、2011年6月取締役、14年6月常務取締役、マルチャン,INC.取締役社長(現)、マルチャンバージニア,INC.取締役社長(同)、マルチャンテキサス,INC.取締役社長(同)、15年6月マルチャン デ メヒコ,S.A. de C.V.取締役会長(同)、17年9月マルチャン・ド・ブラジル取締役会長(同)、18年6月専務取締役。兵庫県出身。

5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも