12月から「ニッスイ」へ 海外グループ企業も社名変更

日本水産は、12月1日から社名(商号)を「株式会社ニッスイ(英文表記:Nissui Corporation)」に変更する。長期ビジョン「Good Foods 2030」の策定にあわせ新たに定めたミッションを追求するに当たり、水産という特定の事業を表現した商号から、長年親しまれている呼称「ニッスイ」を新社名とするもの。

4月の発表では来年1月1日を予定日としていたが、6月28日開催の定時株主総会を経て、8月4日開催の取締役会で12月1日を効力発生日とすることを決議した。

グループ企業も社名変更。12月1日からアメリカのNippon Suisan (U.S.A.),Inc.(ニッポンスイサンU.S.A.社)はNissui USA,Inc.(ニッスイUSA社)に、オランダのNippon Suisan (Europe), B.V.(ニッポンスイサン・ヨーロッパ社)はNissui Europe B.V.(ニッスイヨーロッパ社)に、1月1日からチリのNippon Suisan America Latina S.A.(ニッポンスイサン・アメリカ・ラティーナ社)はNissui America Latina S.A.(ニッスイ・アメリカ・ラティーナ社、NAL社)に、ペルーのNippon Suisan America Latina Peru S.A.(NALペルー社)はNissui America Latina Peru S.A.(NALペルー社)となる。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球