「チン!するレストラン」 冷食・アイス食べ放題 日本アクセス

冷凍食品とアイスクリームが食べ放題のレストラン「チン!するレストラン」が、10月8~23日に期間限定でヨドバシカメラマルチメディアAkiba8Fレストラン街(東京都千代田区)にオープンしている。約40メーカーが約200品目(冷凍食品約150種類、アイスクリーム約50種類)を提供。チャーハン、麺類、ハンバーグ、グラタン、から揚げなどを制限時間内に好きなだけレンチンして食べられる。

プロデュースしたのは日本アクセス。同社主催による業界最大級のキャンペーン「フローズン・アワード」10周年を記念し企画した。オープンに先立ちお披露目会を開催。服部真也副社長は「巣ごもり需要の高まりを背景に、家庭用冷凍食品・アイスクリームのフローズン市場は活性化している。21年度のマーケットは、コロナ禍前の19年度比で108・6%と伸びた。売場スペースの拡大と取り扱い商品の増加も顕著な状況」とし、「一連のコスト高などで市場を取り巻く環境は大変厳しいが、マーケットインの発想で消費者動向の変化を見逃さないようにしていきたい」などと話した。

服部真也副社長 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
服部真也副社長
次いで、マーケティング部の今津達也部長が企画の意図を説明。「冷凍食品の需要は拡大基調にあるが、いまだに保存料を使用しているなど誤解されていることが多い。ある調査では購入経験率が4割にとどまった。残り6割の方に安全な食品であることを知っていただきたい。またコロナ禍以降、店頭の試食イベントが実施できておらず、直接食べていただく機会を作りたいとの想いもあった。既存ユーザーの方には新しい美味しさや魅力を発見して欲しい」。

店舗は40席を用意。1日当たり約240人の利用を見込む。利用価格は昼食時間帯(午前11時~午後5時)が90分で1千500円、夕食時間帯(午後5~9時)が120分で2千500円。高校生・中学生は半額、小学生以下は無料。店内では好みの冷凍食品を時間の許す限り選び放題で、ヨドバシカメラがお勧めする最新の電子レンジ10台で調理できる。別料金でソフトドリンク、アルコール飲料も提供。

お披露目会には冷凍食品ジャーナリストの山本純子さん、タレント(元モーニング娘。)の小川麻琴さんも登場。冷凍食品の活用法や最新トレンドを語り合い盛り上がった。

今後の展開について、今津部長は「ヨドバシカメラさまとも話し合っているところだが、今回の結果を生かして他の地域でも実施できれば」とコメントした。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球