日本アクセス「第10回フローズン・アワード」 10周年イベントも開催予定

日本アクセスは「第10回フローズン・アワード」を10月1日から開催した。冷凍食品・アイスクリームの売上拡大と認知度向上を目的としたキャンペーン企画で、昨年度はいずれも過去最高を記録。10周年を迎えた今年は内容をパワーアップし、冷凍食品・アイスのさらなる市場活性化を目指す。

企画内容は、①「冷凍食品・アイスクリーム総選挙」②「食べて応援キャンペーン」を両軸に展開。商品への興味喚起、購入促進、新規ユーザー獲得、消費者の口コミによる情報拡散を図り、冷凍食品・アイスクリームの消費拡大に向けた売場づくりを支援する。

10月1日からスタートした「冷凍食品・アイスクリーム総選挙2022」にあわせ、「観て投票CP」「食べて応援CP」「撮って応援CP」を展開。協賛企業によるエントリー商品255品(冷食158、アイス97)の中から、人気№1商品を選出するとともに、動画配信やクローズド懸賞、消費者参加型の動画公募など、様々な企画でキャンペーンを盛り上げる。

また10周年記念イベントとして、10月8日から23日に期間限定レストランを東京・秋葉原のヨドバシAkiba8階にオープン。冷凍食品・アイスクリームのおいしさと魅力を発信する。

なお、「総選挙」の結果は12月上旬に決定。年明け以降、人気投票ランキングを活用した店頭販促のほか、各部門№1商品のプレゼントキャンペーンを実施することで、冷食・アイスの売場活性化を支援する。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日