ファミリーマート、5年ぶりの抹茶フラッペ 容器にもこだわり厳選した抹茶の風味を最大限に生かす工夫

 ファミリーマートは5月24日から「上林春松本店監修 宇治抹茶フラッペ」(税込320円)を全国のファミリーマートで発売している。
 22年度は「みんなの飲みたいフレーバー」を年間通して発売するとしており、今回はその第3弾。

 5年ぶりの抹茶フレーバーで、これまで数々のコラボスイーツを展開してきた創業450年の老舗茶舗、上林春松本店が監修。
 厳選した京都府産と三重県産の抹茶をブレンドし、渋みを抑えた抹茶本来の旨みや甘み、香りを引き立たせたほか、氷粒を細かくしたことで滑らかでとろける食感に仕上げた。

 容器については、抹茶は光に当たると劣化しやすく冷凍ケースに長期間置かれると本来の風味を損なうことから、遮光性がありフラッペを揉む際にも安全な白色で柔軟性のあるプラスチック製容器を採用。厳選した抹茶の風味を最大限に生かす工夫を施したことで、より本格的な味わいを楽しめるようにした。

 期間限定フレーバーをきっかけに「カフェフラッペ」「ストロベリーフラッペ」の定番2品の認知拡大にもつなげたいとしている。

 発売に合わせて同社公式Twitterをフォローし「#ファミマのフラッペ2022」を付けて商品の感想を投稿すると抽選で10人にQUOカード1000円分が当たるキャンペーンを6月6日まで実施している

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日