早朝しぼり「日本酒ヌーヴォー」 新潟蔵元から直送、東京・名古屋で当日販売 東海キヨスク 

東海キヨスクは11日、蔵元直送「日本酒ヌーヴォー」の店頭販売を東京駅と名古屋駅で実施した。

新潟県阿賀野の白龍酒造が同日早朝にしぼった生原酒を、東海道新幹線を利用して東京駅→名古屋駅へと直送。鉄道輸送の強みを生かし、一年に一度しか味わえない味をその日のうちに新潟から届けた。

今回販売されたのは、白龍酒造の「純米吟醸 生原酒 今朝しぼり」(720㎖、税込2千300円)。この秋収穫された新潟県産の新米で仕込み、無濾過でしぼりあがったばかりの純米吟醸の新酒を瓶詰めしたもの。山吹色の、さわやかな香りと原酒ならではの芳醇な味わいが特徴だ。

取り扱い店舗・販売本数は「べルマートキヨスク丸の内中央ビル」(東京駅)が12本、「グランドキヨスク名古屋」(名古屋駅)は24本。店頭に専用コーナーを設け、行きかう人にアピールした。

同社が詰めたての日本酒を新幹線輸送で離れたエリアに届け、販売するのは今回が2回目。前回は今年10月1日、「日本酒の日」に合わせ、兵庫県西宮市の2蔵から名古屋駅、静岡駅、東京駅にしぼりたて生原酒などを直送した。