「コク」と「ミルク入り」 味わいの二極化に対応したプレミアム缶コーヒー UCC上島珈琲

UCC上島珈琲は、コク(濃さ)とミルク入りでコーヒー飲料の味わいが二極化していることを受けてパーソナルサイズのコーヒー飲料を展開していく。

紙谷雄志飲料マーケティング部BLACK無糖ブランドチームチームマネージャーは「パーソナル飲料は若年層のコーヒー離れと、嗜好の変化、味覚の多様化が加速し、リシール(再栓)容器の成長機会ととらえている」と語る。

コクに対しては、ペットボトルコーヒーの主力商品「UCC BLACK COLD BREW」(500㎖PET)に加えて「UCC BLACK ブルーマウンテン&キリマンジァロ」(275㎖リキャップ缶)と「UCC BLACK 無糖 HOT AROMA」(同)のリキャップ缶(ボトル缶)2品を新発売する。

紙谷雄志マネージャー(UCC上島珈琲)
紙谷雄志マネージャー(UCC上島珈琲)

「UCC BLACK ブルーマウンテン&キリマンジァロ」は、昨秋に数量限定発売した「UCC BLACK 無糖 ブルーマウンテンブレンド」の手応えを受けて開発されたプレミアムタイプのブラック無糖コーヒー飲料となる。

「『ブルーマウンテンブレンド』では少し高くても購入する層が顕在化された。コロナ禍でも高付加価値品が求められると考え、ブラックカテゴリーにおけるブランドアクションとして、こだわり嗜好の高い40~50代に向けて展開していく」考えだ。

「ブルーマウンテン&キリマンジァロ」は、浅煎りのブルーマウンテンと深煎りのキリマンジァロ最高等級豆(キリマンジァロAA)のみをブレンドして「コクの奥深さと上質なキレで相反する味覚を両立させ、レギュラーコーヒーユーザーにもご満足いただける味わいに仕上げた」。

コーヒー量は通常品の1・2倍を使用。パッケージは産地を想起させる幾何学模様のデザインを採用し、濃紺(ブルーマウンテン)と緑(キリマンジァロ)のグラデーションを施し高級感を演出している。加えて「コーヒーが農産物であることの訴求を含めてアクセントにコーヒーチェリーをあしらった」。

同商品は9月21日から税別178円の希望小売価格で期間限定発売される。

一方、「HOT AROMA」は9月28日から期間限定発売され、「独自製法と天然水仕立て、エスプレス抽出というフックを持たせながらホット飲用時の香りを十分楽しめる商品として展開していく」。

「BEANS&ROASTERS」(UCC上島珈琲)
「BEANS&ROASTERS」(UCC上島珈琲)

ミルク入りに対しては、「BEANS&ROASTERS」でラテ専門店によるミルク入りメニューの広がりを提案すべくPETとボトル缶で多様化ニーズに対応していく。

「ミルク好きのストロベリーラテ」(450㎖PET)のコールド専用は、ミルク好きのユーザーに向けて9月28日にリニューアル発売される。

「ミルクのフレッシュ感にフォーカスして刷新した。コーヒー感と甘さが強いミルク入りPETが多い中で、コーヒーにおいてはミルクの味わいを際立たせるように浅煎りのコーヒー豆を使用し、コーヒー専業メーカーのこだわりを詰め込んだ」と説明する。

11月2日にはホット専用商品が発売される。

フレーバー展開では、「ミルク好きのストロベリーラテ」に続き第2弾として男女ともに人気のあるキャラメルラテを展開。「キャラメル香る、ミルク好きのためのラテ」は、キャラメルの香ばしさと相性のよい浅煎りブラジル産豆を使用したキャラメルソース入りの飲料。10月5日からホット・コールド兼用商品として発売される。