2020 / 02 / 24 月曜日
ホーム タグ

タグ: 塩

HELLO KITTY 食卓塩 (塩事業センター)

苦難の塩に光明射すか キティちゃんが後押し

塩事業センター(東京都品川区、津田健理事長)が昨年11月に発売した「HELLO KITTY 食卓塩」が若年層や外国人訪日旅行者の間で話題を集めている。同商品はサンリオとのコラボ商品として開発したもの。12月末まではサンリオショップの一部店舗で先行販売していたが、今春からは全国の塩元売を通し、量販向け販売をスタートしている。

禁煙やむなし でも「減塩」は?

4月の健康増進法施行に合わせ近鉄が先週、喫煙車両の運行を終了した。これで喫煙車両を運行する鉄道は無くなったそうだ。名古屋―大阪間の移動でたまに使っていた。愛好家にとっては寂しい話だ。多様性の時代じゃないかと言っても「問題が違う」と鼻で笑われる。

新容器「しおケアカップ」 新たな“減塩法”を提案 明星食品

明星食品が減塩で新たな取り組みを開始する。同社は、食べる人自らが食塩摂取量をコントロールできるカップ麺新容器「しおケアカップ」(特許出願中)を2月発売商品から順次導入する。「しおケアカップ」は、食べる人が容器内側下線までスープを残し、摂取する食塩相当量を調整できるようにした。

今年の砂糖 岐路の2歩手前 3年で1工場分の需要消失

砂糖消費(主に白糖)はここ3年度でも約9万2千tの減少(年間消費183万t)となり、総需要の5%に相当する需要が消失した。これは中規模製糖工場1つ分とも指摘されている。平成30年間でも約3割の砂糖消費が減り、業界は統合再編を繰り返してきた。

食品業界も「ONE TEAM」に

今年の流行語大賞はラグビー日本代表の「ONE TEAM」が選ばれた。当初期待されなかったもののベスト8に勝ち残った選手たちの頑張りと活躍は国内を大いに沸かせたし、国民に強いインプレッションを与えたから当然だ。
SALT&SEAWATER SCIENCE SEMINAR2019 塩事業センター海水総合研究所

次世代の塩づくり新技術発表 塩事業センター海水総合研究所

塩事業センター海水総合研究所(神奈川県小田原市、吉川直人所長)は6日、「SALT&SEAWATER SCIENCE SEMINAR2019」を開催。「塩づくりの未来を支える次世代イオン交換膜」をテーマに講演会を実施した。
HELLO KITTY 食卓塩(塩事業センター)

キティちゃんの「食卓塩」 誕生日に合わせ発売

塩事業センター(東京都品川区、津田健理事長)は、サンリオ(東京都品川区)の人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボレート商品「HELLO KITTY 食卓塩」を新発売した。

塩「悪玉」論の危険性

猛暑シーズンになると、ここ数年はニュースで塩分摂取の必要性が流れるようになった。喉が渇いて水ばかり摂ると人体に必要なミネラル分が不足し熱中症になってしまう。水分ばかり補給していたマラソンランナーが途中で倒れてしまう事態もあった。

国内塩4社推定92万強を維持 生活用は減少傾向を継続 平成30年度塩需給実績

財務省の平成30年度塩需給実績が発表になった。需要量は生活用14万7千t(前年比4.6%減)、業務用170万t(18.0%減)、ソーダ工業用612万6千t(0.7%減)、計797万3千t(5.0%減)と前年を大幅に下回った。
プレゼンの様子(塩と暮らしを結ぶ運動)

「くらしお」 ラグビーまつりに出展 塩分バランスの大切さ訴求

塩と暮らしを結ぶ運動(くらしお)は6月1日、港区「秩父宮みなとラグビーまつり」にブースを出展した。今年はワールドカップが日本で開催されることもあり、イベント全体の来場者数は4万7820人におよび盛り上がった。
表彰式で斎藤恭一前会長㊧(日本海水学会)と九州大学後藤雅宏氏

「徳島の技術と文化」シンポジウム 日本海水学会が徳島大学で第70年会

日本海水学会は第70年会を徳島大学常三島キャンパスで6、7の両日開催した。2018年度末会員数は個人会員365名、維持会員41社。同学会では電気透析および膜技術研究会、海水環境構造物腐食防食研究会、環境・生物資源研究会、塩と食の研究会、分析科学研究会、海水資源・環境研究会などの各研究会活動を行っている。

訃報相次ぐ塩業界 重鎮の遺したもの

岩手塩元売・東日本ソルトの宮澤啓祐社長が逝去した。故宮澤氏は宮澤賢治の親戚関係にあり、自身が宮澤賢治記念館の館長も務めていた。名刺を頂くと、その裏には幾つもの企業・団体の肩書きが並んでいたのを思い出す。それだけ東北経済界の重鎮であった。

塩の値上げにみる日本の競争力

消費増税を前に食品業界の値上げ表明が相次いでいる。便乗値上げとの批判を回避すべく、今年4月から7月までに値上げ実施に踏み切る企業が多い。増税は過去の価格政策を見直す好機である。
- Advertisement -

ロングランアクセス