「麹」 理解深まる発信を

小林製薬が紅麹の成分が入ったサプリ「紅麹コレステヘルプ」を摂取した人が腎臓の病気になったと公表してから1か月が経過した。厚労省は今月16日時点で、計1千405人が医療機関を受診、退院した人を含め計235人が入院したと明らかにした。

▼紅麹の“麹”からの連想だろう。問題の発覚直後、みそメーカーに「おたくのみそは紅麹を使っているか?」という問い合わせが殺到。ある大手メーカーの相談室には1日で1か月の件数を超える相談が寄せられ、対応に追われた。

▼みそ製造で使用される麹は黄麹で、紅麹とは使用する麹菌の種類が異なる。黄麹は米や麦などの穀類を黄麹菌で発酵させたもので、醤油や日本酒などの醸造に使われる。紅麹は米や麦などの穀類を紅麹菌で発酵させたもので、食品の色付けなどに使用される。

▼あまりにも問い合わせが多いことから、急遽公式サイトに黄麹と紅麹の違いを掲載したみそメーカーもある。麹の違いは業界では常識でも一般にはほぼ知られていない。麹に関して消費者の認識が深まるような発信が必要かもしれない。

5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも