エア式に比べ電気代最大80%削減 「液体入り固形物」を傷つけず搬送 グラコ

グラコ(TEL045-593-7300)の創始は1926年、米国ミネソタ州ミネアポリスにおいてグレイ兄弟が「自動車用グリースガン」を発明し、グレイ社(後にグラコに社名変更)を設立。このガンに使用するポンプを、ガソリンなど揮発性原料を扱うため、安全面から電気を使用しない“エア式”に改良し、販売を開始したのが始まりである。

以来、各種ポンプ、自動車市場の塗料循環システム、スプレーガンなど、世界最高レベルの流体ハンドリング機器を製造。米国はもちろん、日本、中国、オーストラリア、韓国、欧州、インド、ロシアなどでグローバルに展開。その日本法人が同社の前身である日本グレイだ。68年に設立し、93年に現社名に変更し今日に至っている。

その代表的な事業は次の3分野である。◆産業機器=プロセス、サニタリー、仕上げ塗装、シーラント塗布、FRPおよびCDRP(炭素繊維)、発泡ウレタン塗布などの機器の設計・販売◆潤滑用機器=ポンプ、計量器、ホースリール、制御装置、集中潤滑製品などをラインナップ◆建築・建設用機器=塗料、建築用塗装材、テクスチャー材料の塗布に使用するスプレーヤーおよび高圧洗浄機の販売。

以上を踏まえ、特に食品業界に対しては、ニーズの高い“食材移送”向けとして、ダイアフラムポンプやピストンポンプを主力とする「SaniForce(サニフォース)」シリーズなどを中心に積極的な製品提案を行っている。その一環として注目されるのが、22年~23年にかけて全モデルの販売を開始した次の製品である。同社は24年度の主力製品として、積極的な販売攻勢をかけていく。

【QUANTM(クオンタム) 新電動ダイアフラムポンプ(サニタリータイプ)】

固形物を潰さず移送可能なフラッパー弁 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
固形物を潰さず移送可能なフラッパー弁

当初、食品業界ではエア駆動式のダイアフラムポンプはあり得なかった。それはエア駆動なので必ず「排気」をしなければならない。その排気が食品の製造ラインにかかったら不衛生である。それが大きな理由で、エア駆動式は導入されなかった。

そこで同社は、「イニシャルコストが安い」「構造が簡単」「現場で直せる(ダウンタイムが減らせる)」メリットを強調。さらにエアホースを10m、20m先まで延ばし、そこでエアを排気できるようにするなど改良を加え、食品業界にニーズを広げた。

その後、時代のトレンドが変わり、まず移送する液体に固形分を混ぜたものが増えた。当初はまず液体を送り、それから別に固形分を送って混練する“二度手間”を行っていた。そこで混練したものを同時に移送したいということになった。食品でいうと、例えばフルーツソースに果肉を入れたものを移送するということである。ジュースも最近はパルプ入りといったものがある。

ただ、従来のスクリュータイプの押し出し式モノポンプでは混錬した固形物が摩擦でつぶれてしまい、本来の食感が損なわれてしまう。そこで開発したのが同ポンプだ。また、同社独自のノウハウで開発した「フラッパー弁」タイプもラインナップに加え、極限まで食材を傷つけない移送に対応した。

また、電動ポンプはなぜこれまでサニタリーに投入できなかったか。その理由は電動ポンプの構造に大きな理由があった。例えば、電動ポンプはサーボモーターで動くが、この従来のタイプでは移送物が詰まった場合などに検知できなかった。そのため、モーターはどんどん出力を上げ、無理に移送物を押し出そうとする。その結果、モーターが破損してしまう。

これに対し、同ポンプは、モーター部に圧力センサーを装備。材料移送中の圧力をモーター制御部に随時フィードバックする “クローズドループ制御”を行い、従来の電動ポンプでは不可能であった締切運転が可能になり、多くの自動搬送システムに対応が可能になる。

以上のようなさまざまな課題をクリアしてきたのが同ポンプであり、このほかにも次のような特徴がある。

従来の電動ポンプの常識を塗り替える画期的な電動モーターを採用。“エア駆動式ポンプ”使用の場合には、コンプレッサーによるエア補給に多大な電気代がかかるが、新設計でエア不要の同ポンプに切り替えることで、最大その80%を削減。電気代削減はCO2排出量の抑制につながり、環境に大幅に寄与するクリーンでサステナブルな設備にアップデートできる。

モーターについては、一般のポンプメーカーでは他社製のインバーターモーターを導入してセットアップするのが普通である。ただ、昨今の半導体不足による部品調達の困難さから、インバーターやモーターの納期が長期化したり、未定といった状況が散見される。これに対し、同ポンプのモーターは完全に自社製であるため、納期を短く明確にすることができ、かつ導入コストの大幅な削減にもつながる。

「QUANTM」について詳しくはこのQRコードから - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
「QUANTM」について詳しくはこのQRコードから

また、同社が販売する「エア駆動式ポンプ」と全く同じ特徴を併せ持っている。つまり、自ら材料を吸い込める「自吸式」、一定条件下で搬送をスムーズ化するための「空運転」、ある程度までの固形物や研磨性物質を含む液体移送が可能である。

さらに、“防爆モデル”と“非防爆モデル”を用意しており、製造環境に合わせて使用できる。モーターは、防水・防塵の保護等級であるIP66に準拠しサニタリー性に優れている。また、上半期に日本防爆認証(JPEx)対応モデルも発売する予定。これによりさらに多くの自動搬送システムへの投入が見込まれる。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球