【ひと言】価格認知を変え客数増へ イトーヨーカ堂 山本哲也社長

コストパフォーマンスが重視される環境下、当社の惣菜など自社製品は品質に一定の信頼があるものの、価格はご満足いただけていないケースがある。その原因だった高コスト構造の改革にめどが立ちつつあり、今後は消費者の当社に対する価格認知を変えていきたい。

全商品群を対象に、競合に負けない価格を追求するカテゴリー、品質と品揃えを徹底的に強化するカテゴリーをそれぞれ明確化する。高級スーパー、ディスカウントストアのどちらに偏ることもなく、両方の軸を持った独自のポジションを築ければ。新しい顧客層を獲得して客数4%増を目指す。(2月21日の「Peace Deli千葉キッチン」記者説明会で)

EU農産品  - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)