日清オイリオグループ「日清サラダ油」100年目の新技術 鮮度長持ち、サビないオイル「日清ヘルシークリア」発売

日清オイリオグループは、「日清サラダ油」発売から100年を迎えた今春の新商品として、食用油の酸化を抑制する新技術「ウルトラ酸化バリア製法」で、開封後も鮮度が長持ちする家庭用油「日清ヘルシークリア」(800gPET)を2月28日から全国発売する。

「今年は1924年に『日清サラダ油』が誕生してから100年目の記念すべき年となる」(日清オイリオ)。菜種やごまを原料とする食用油が一般的だった100年前、同社は日本で初めて精製度の高い大豆油の製造・販売を開始。野菜サラダにそのままかけて食べられる「サラダ油」は、野菜の生食文化の普及に寄与してきた。また、この100年間、日清オイリオは数多くの技術を開発し商品として上市することで、食用油を通して新たな価値を提供し続けてきた。

こうした中で、「日清サラダ油」発売から100年目の節目の年に投入するのが、新技術「ウルトラ酸化バリア製法」によって開封後も油のおいしさが長持ちする「日清ヘルシークリア」(800gPET)だ。「日清ヘルシークリア」は、油の天敵である酸化を抑制することで①鮮度が長持ちし、つくりたての油のおいしさが持続②開封後もすっきり油っこくない③調理時のにおいが少ないことが特長。パッケージには「開封後も続く、すっきり、油っこくな~い」「鮮度長持ち、サビないオイル、調理時のにおい少ない」「ビタミンEたっぷり」「コレステロールゼロ」を訴求する。オープン価格。

新製法のウルトラ酸化バリア製法は、低温・高真空状態で精製することで製造時の酸化を抑える「Neoナチュメイド製法」、油中の酸素を微細な窒素バブルで追い出す「日清ウルトラファインバブル製法」、窒素を充満させ容器のヘッドスペース内の酸素を追い出し開封前の酸化を抑える「酸化ブロック製法」によって、油の大敵である酸化を防ぐことに成功した。賞味期限は25か月。

同社では、お客様の酸化に対する漠然とした不安をクリアにした「日清ヘルシークリア」により、開封後もつくりたての油のおいしさが続くという新たな価値を提供することで「クッキングオイルの魅力をさらに高めることで家庭用食用油市場をさらに活性化していきたい」という。

新800gPETボトル導入 プラ使用量39%削減

新800gPETを採用(日清オイリオグループ) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
新800gPETを採用(日清オイリオグループ)

日清オイリオグループは、従来の900gPET容器と比べてプラスチック使用量を約39%削減した新800gPETボトル容器を導入する。

新800gPETボトルは、持ち手部分をなくすことでプラスチック使用量を約39%削減。ボトルにくぼみ加工を施すことで、持ちやすく使いやすい容器を実現した。

環境対応に加え、食用油の使用実態にも配慮。近年、一般家庭でのクッキングオイル使用量は減少傾向にあり1本の油を使い切る期間が伸びており、「ボトルの小容量化によって、できるだけ新鮮な食用油を適切な期間でお使いいただけるようにしたい」(同社)。

なお、新800gPET容器は「日清キャノーラ油ヘルシーライト」「日清ヘルシーベジオイル」「日清こめ油」「日清キャノーラ&アマニ油」「日清さらっと軽~いオリーブオイル」「日清ヘルシーごま香油」「日清ヘルシーリセッタ」の7品で導入。2月28日から全国発売。いずれもオープン価格。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日