恵比寿に35年ぶりブルワリー復活 「ヱビスビール」醸造再開へ ブランドの物語を体感できる場に

「ヱビスビール」発祥の地であり、地名もその名に由来する東京・恵比寿に、サッポロビールが今春開業するブランド体験拠点「YEBISU BREWERY TOKYO(ヱビス ブルワリー トウキョウ)」。工場移転にともない長らく行われていなかったこの地でのビール醸造を、35年ぶりに再開する。

1890年、日本麦酒醸造会社(現サッポロビール)は、今日のヱビスビールのルーツである「恵比寿ビール」の製造・販売を恵比寿の地で開始。1988年の工場移転まで続いた。

タップルームでは実際にビールを味わえる(イメージ) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
タップルームでは実際にビールを味わえる(イメージ)

新ブルワリーは恵比寿ガーデンプレイス内(現:ヱビスビール記念館)に4月3日オープン。ブランドのルーツに親しむミュージアムやドイツ製の醸造設備を採用したブルワリーエリア、実際にビールを楽しめるタップルームなどで、ヱビスならではの物語を体感できる。

サッポロビールの野瀬裕之社長は「私たちはビールを主力事業として展開するなかで、競合他社にはない歴史と物語を大事にしている。今こそあらためて世の中にブランドを伝えるいいタイミング。恵比寿をヱビスビールの街にしていきたい」(1月10日の会見で)と語った。

開業に合わせ、同ブルワリー限定の通年フラッグシップ商品「ヱビス ∞(ヱビス インフィニティ)」2品を発売。かつて恵比寿工場で使用したヱビス酵母を再選抜し、この時代に復活させた。また春夏の期間限定で「Foggy ale 2024(フォギーエール 2024)」も発売する。

EU農産品 フランス製 冷凍スイーツ オノレ onore - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)