おかず宅配は冷蔵で 冷凍庫の渋滞を解消 大阪ガスが参入

大阪ガスは9月12日、冷蔵パウチのおかずを家庭に届ける宅配サービス、「Fit Dish」を開始した。事前に家族構成や好み、アレルギーの有無などをスマートフォンから入力することで、ニーズに合ったメニューが月1回届く。対象は全国。

10パック(4千850円・消費税と送料込)から40パック(1万5千800円同)まで5パック単位で選べる。時短と保管を意識し冷蔵のパウチにした。小分けパックのため冷蔵庫内のスペースをとらず、レンジで1~2分温めて食べられる。

(左から)藤田敦史リーダー(大阪ガス)、ハイヒールモモコさん、近本茂常務(大阪ガス) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
(左から)藤田敦史リーダー(大阪ガス)、ハイヒールモモコさん、近本茂常務(大阪ガス)

発案者の電力・サービス企画チーム、藤田敦史リーダーは「商品開発に際し1万人規模のWEBアンケート、数百人へのインタビューを行った。届けた商品に対するフィードバックを得ることで、より好みに応じたものを届けることができる。また、冷凍食品の需要拡大による『冷凍庫渋滞』の解消にもつながる。家庭料理の味を冷蔵パウチで実現するため、100年の歴史がある当社クッキングスクールのノウハウを最大限活用した」と商品のポイントを説明。同事業には食品メーカーなど7社がパートナーとしてかかわった。

メニューは「北海道産鮭のロースト」「たけのこの土佐煮」「デミグラスソースのハンバーグ」など、主菜と副菜合わせ約40種類。近本茂常務は「将来的には150~200種類まで拡大し売上高は5年をめどに二ケタ億円の後半、利益率10%をめざす」としている。

なお、発表会見にはタレントのハイヒールモモコさんが登壇。さばの味噌煮を試食し「中まで味がしっかりと染みて、骨がないのでお年寄りから小さな子どもまで食べられる。私は値段にも厳しいが、コスパもタイパも良い」と満足そうに話していた。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球