はちみつ、新しいカタチで提案 表参道にポップアップカフェ開設

日新蜂蜜(岐阜県安八郡安八町、岸野逸人社長)は7月20日、東京・表参道エリアにポップアップカフェを開設した。店舗で販売するのは、同社が開発した「awaはちみつ」と同品を使用したドリンク、スイーツなど。

「awaはちみつ」は昨年末からオンライン限定で販売を開始した商品だが、生クリームやマシュマロのように純白で半固形のはちみつ。口に入れると間を置いてからはちみつの風合いと甘さが口中に広がる。泡を維持するため冷凍保存での販売となる。人気のハンガリー産アカシア蜜を使用した同品の販売は好調で、特に首都圏エリアの20~40歳代の女性層がリピーターになっている模様。今月からはヘビーユーザー向けにセット商品(4本)の販売も開始している。

ポップアップカフェは「Nanatea&Tsutsumi」(東京都港区北青山3-15-5 ポルトフィーノ1F)に開設し、23日まで営業を行った。

20日のオープン前にあいさつした岸野社長は「はちみつの新たな可能性を探求する中、国産蜜の上澄みに生じた泡に着眼し開発した。ポップアップもカフェ開設も当社としては初の試みであり挑戦。引き続き挑戦を継続していきたい」とした。商品開発を担当した渡邊恵己・開発企画部課長は「試行錯誤の繰り返しで十年かかったが、望むものができた。栄養価とバランスを整えるため良質なプロテインも配合しており、日常遣いで様々なメニューで試してほしい」と述べた。

期間中は「awaはちみつ」を使用した8メニュー(コーヒー、ケーキ、レモンポット、レモンソーダ、いちごフローズン、ハニーレモンソーダ、抹茶ラテ、キーマカレーバゲット)を提供。HOWA HONNEY、YAJIMA COFFEE(ともに岐阜県岐阜市)、セイロンティー専門店「MITSUTEA」(横浜市中区)とのコラボメニューも人気を集めた。

一見マシュマロと見間違えるような「awaはちみつ」は、新感覚のはちみつとしてドリンクやスイーツ、料理のトッピングとして今後重宝されそう。

岸野社長は「来年以降には業務ルート向けの提案を進め、いずれは家庭用商品の開発もしていきたい。第一弾はハンガリー産アカシア蜜を原料に使ったが、はちみつは種類も多くそれぞれが色、香り、価格で特徴がある。品揃えも広げていきたい」と抱負を述べた。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球