ロッテ、市販用菓子66品とマルチアイスクリーム18品値上げ 

 ロッテは、9月1日出荷分と9月5日発売分から市販用菓子66品、10 月2日出荷分から箱入りの市販用マルチアイスクリーム18品の価格改定(容量変更含む)を実施する。

 9月1日出荷分の「ガーナ 板チョコレート」「コアラのマーチ」、グミ各種など61品、9月5日発売分の「トッポ」各種など4品を出荷価格から1~16%引き上げる。
 容量変更の対象は1品で、9月5日発売分の「アーモンドチョコレート<クリスプ>」を現行の89gから80gに変更する。

 10月2日出荷分の市販用マルチアイス18品は、希望小売価格で4・1%~5・3%引き上げる。
 「ミニ雪見だいふく」「モナ王マルチバニラ」「スイカ&メロンバー」など現行380商品は400円、「ガーナマルチ 濃密チョコレートアイス」など480円商品は500円、「レディーボーデンマルチ カップセレクション」など580円商品は610円となる。

 同社は今年3月と4月に市販用ノベルティアイス19品を値上げしたが、箱入りのマルチパック商品については価格を据え置いていた。

 今回、原材料・包装資材、物流コストの上昇が要因で、企業努力によるコスト上昇の吸収がより一層困難な状況であることからやむを得ず値上げを決めた。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日