ハウス食品のカレーパン専門店が人気カレー店とコラボ 13種のスパイスに和素材と角切り牛肉

ハウス食品が阪急うめだ本店で展開するカレーパン専門店「ハウス カレーパンノヒ」は、スパイスカレーの草分け「旧ヤム邸」(大阪市)監修による「ごぼうとカルダモン香るごろり角切り牛肉のカレーパン」を発売した。

カルダモンをはじめとする13種のスパイスに、ごぼうやしょうがなど和の素材を合わせ、名前の通り大きめの角切り牛肉が入っている。

今回はハウス食品が「旧ヤム邸のカレーと当社のカレーパンを合わせ、カレーパンの可能性を広げたい」と声をかけ、初めてのコラボ商品が実現した。旧ヤム邸のオーナー、植竹大介氏は「辛さをどうするか悩んだが、子どもを含め多くの人に食べてもらいたいと考え仕上げた。お土産としても喜んでもらいたい」と紹介した。

「ハウス カレーパンノヒ」は18年11月に開業。コロナ禍で百貨店が営業できない期間もあったが、これまで約25万人が来店し、約68万個のカレーパンを販売した。大阪以外の百貨店の催事などにも出店している。「バーモントカレーパン」や「ジャワカレーパン」のほか、冷凍カレーパンも販売する。

同社では今回の新商品について「他の商品より少し小ぶりだが、その分牛肉の量とソースがより感じられる設計となっている。販売期間は動向を見ながら決める。売上№1の『バーモントカレーパン』に次ぐ規模に持っていきたい。初めての外部コラボとして、今後の可能性を探っていく」としている。価格は1個476円(税込み)となる。

5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも