「ピエトロドレッシング 和風しょうゆ」3億本目前 「感謝祭」で地域活性化

ピエトロ(本社・福岡市中央区、高橋泰行社長)は看板商品の「ピエトロドレッシング 和風しょうゆ」が累計出荷本数(自社調べ)「3億本」を突破する見込みとなったことから18日、「おかげさまでもうすこしで3億本感謝祭 in 道の駅むなかた」を「道の駅むなかた にぎわい広場」(福岡県宗像市)で開催する。

同社では、北海道から沖縄までの全国8か所の「道の駅」をピエトロ社員が訪ねて、同社の商品を使い地元食材の新しい食べ方やおいしさを伝えながら地元との結びつきを強める「全国道の駅キャラバン」を行っている。

今回のイベントではマスコットキャラクター「どれピー」が登場。プロの厨房設備を備えた「ピエトロキッチンカー」や春の新商品を含むピエトロの人気商品を自由に組み合わせてセット価格で購入できる物販コーナーの「ピエトロマルシェ」、地元宗像産わかめと春キャベツを材料にピエトロシェフが考案し、ピエトロ商品を使ったオリジナルサラダを試食するイベント(先着1千食限定)、マルシェの商品900円(税込)を購入するごとに参加できるゲーム「ピエトロおじさんに野菜を食べさせよう!」などを実施する。

日時:3月18日(土)10~15時
会場:道の駅むなかた にぎわい広場(宗像観光おみやげ館横)=福岡県宗像市江口1172番地

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球