豆乳類生産量 22年は減少 無調整は料理、飲料用で増加

日本豆乳協会調べによる2022年1~12月の豆乳類全体の生産量は前年比98.2%の41万6千329㎘にとどまった。

品目別では、「豆乳(無調整)」は12万6千304㎘(102.7%)と引き続き増加。「調製豆乳」は20万4千268㎘(98.1%)、「果汁入り豆乳飲料」は1万5千860㎘(90.7%)、コーヒーや紅茶などの「フレーバー系の豆乳飲料(その他)」は5万5千811㎘(93.4%)といずれも前年を下回った。業務用の「その他」も1万4千86㎘(90.5%)と、引き続き低迷している外食需要の減少が影響した。

昨年は原料価格の高騰に伴い5%程度値上げされた。そのため「消費に対する意欲が減退していることや買い控えが起こったことが生産量の減少にも影響した」と協会ではみている。一方、コロナ禍で引き続き健康志向が高まっており、料理や飲料用としての増加率が高まっている「豆乳(無調整)」の生産量がさらに拡大している。

5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも