「明治脂肪対策ヨーグルト」 新市場開拓に期待大

明治は11日、全国で発売開始(CVSは11月8日)した「明治脂肪対策ヨーグルト」(112g、税込143円)、「同ドリンクタイプ」(112㎖、税込143円)の新CM発表会を都内で行った。CMに出演する俳優の赤楚衛二さんをゲストに迎え、「新時代の脂肪対策幕開け」のスローガンを掲げたくす玉割りや、赤楚さんが新たに始めたというゴルフや弾丸旅行に関するトークで会場を盛り上げた。

「明治脂肪対策ヨーグルト」は体脂肪の蓄積を抑制することで肥満気味の人のお腹の脂肪を減らす機能をもつ「MI―2乳酸菌」を使用した機能性表示食品。機能性表示食品の届出表示は「本品にはLactobacillus plantarumOLL2712株(MI―2乳酸菌)が含まれます。MI―2乳酸菌は、肥満気味の方のお腹の脂肪(腹部総脂肪)を減らす機能が報告されています」。砂糖不使用のため、砂糖を気にすることなく毎日続けやすい商品に仕上げた。

「明治脂肪対策ヨーグルト」と「同ドリンクタイプ」(明治) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
「明治脂肪対策ヨーグルト」と「同ドリンクタイプ」(明治)
同社では2009年にMI―2乳酸菌乳酸を発見。機能性表示については後発組で、乳酸菌研究や制度の研究などを経て満を持しての発売となった。

マーケティング本部乳酸菌マーケティング部プロバイオGグループ長の宇都野勇児氏は、「食習慣の変化で体型を気にする人が増えたが、そういう人たちに訴求していきたい」とし、脂肪を気にする人が増える冬の時期の発売にあわせて、サンプリングなどを通し商品の認知向上を図る考え。

また「市場が非常に大きくて魅力的な分、競争環境は厳しい。一定のポジショニングを達成するために、明治独自の乳酸菌の個性を伝えたい」(同氏)とし、売上が少しずつ回復基調にある「明治プロビオヨーグルトLG21」や冬場の売上ボリュームが大きい「同R―1」「同PA―3」のシリーズとあわせた店頭展開で、様々な健康に対応した同社ヨーグルト商品の新たなイメージ創出と向上を図る。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球