伊藤園「お~いお茶」から2つの働きをもつトクホ緑茶飲料  血中コレステロールを減らす・脂肪の吸収を抑え体脂肪がつきにくい

 伊藤園は「お~いお茶」ブランド初のトクホ緑茶飲料「お~いお茶 カテキン緑茶」を10月3日に新発売する。

 現行品「2つの働き カテキン緑茶」を「お~いお茶」ブランドの傘に入れて勢いを加速させるのが狙い。

 「2つの働き カテキン緑茶」の売上げは、2019年4月から20年5月までの期間と21年4月から22年5月までの期間との比較で約2.3倍に拡大。

 20年には、10月にサイズを350mlから500mlに変更してリニューアル発売したことが奏功してカテキンシリーズ過去最高の販売数量を記録した。

 9月26日発表した安田哲也緑茶ブランドマネジャーは「20年の手応えをさらに高めるべく、お客様により安心してお飲みいただきたいということで『お~いお茶』のブランド名をつけた」と語る。

「お~いお茶 カテキン緑茶」をアピールする伊藤園の安田哲也緑茶ブランドマネジャー
「お~いお茶 カテキン緑茶」をアピールする伊藤園の安田哲也緑茶ブランドマネジャー

 「お~いお茶」ブランドとして展開するにあたり、「2つの働き カテキン緑茶」の中身をそのままに新たに許可表示を取得して新商品として発売していく。

 2つの働きのうち、1つめの「血中コレステロールを減らす」はそのままに、2つめの「脂肪の吸収を抑えて排出を増加させる」を「脂肪の吸収を抑え体脂肪がつきにくい」に差し替える。「お客様の関心の高い体脂肪という言葉を入れた」という。

 体脂肪のワードをヘルスクレームに盛り込んだトクホ・機能性食品の緑茶飲料との差別化については「“血中コレステロールを減らす”のヘルスクレームだと思っている。特に女性のお客様に手に取っていただきたい。『カテキン緑茶』は女性層が約5割を占めており、女性は40歳を過ぎるとコレステロールを気にされる」と説明する。

 女性層の購買を促進するため、容器も刷新。持ちやすさやカバンなどへの収納を考え、現行ボトルよりもボトム部分の直径を1センチ短くした直径約6センチのスリムな積層ボトルを新たに採用した。