長期保存で輸出対応 進化する福神漬とメンマ 新進

刻み漬大手の新進はこのほど、長年の漬物製造と衛生管理技術を生かした商品「Long Shelf Life 福神漬」「同 メンマ」を発売した。添加物を極力抑え、動物性原材料を使用しない製法で、長期保管が可能な商品に仕上げた。多くの国や地域への輸出に対応できる。

近年、日本国内をはじめ世界各地で頻発する自然災害や、新型病原菌の流行により非常時に対応する備蓄型食品が求められている。「Long Shelf Life」は、こうした非常時への備えや、多様で健康を気遣う多くの人の食生活をサポートする商品として開発された。

今回、発売した2品は同社の製造技術と衛生管理のノウハウにより、賞味期限425日と従来の漬物にない長期保管を実現。普段から使用する食品を家庭内に一定量備蓄し、使った分だけ補充するローリングストックにも最適だ。

さらに長期の賞味期間実現で、近年問題となっている賞味期限切れによる廃棄、フードロスの削減にもつながる。

また、同商品は国内だけでなく海外での普及も視野に入れ、添加物を極力使用しない調味配合で、砂糖、醤油、醸造酢などを基本に仕上げている。動物性の原材料やはちみつ、五葷も使用していないので、ヴィーガンやベジタリアン向けのプラントベースフードとしても利用できる。

「Long Shelf Life 福神漬」は150g、「同メンマ」は90g、参考売価は2品とも税別200円。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球