ハナマルキ 製品価格を改定 約5~13%の値上げ

ハナマルキは4月1日出荷分から、製品の一部の出荷価格を改定する。製品により約5~13%の値上げとなる。同社は08年3月以来、今日まで出荷価格を維持してきた。この間、諸原材料価格の上昇が続く中、合理化や効率化によりコストダウンを実施する努力を続け、価格の維持に努めてきた。しかし、近年の原材料価格や包装資材などの高騰により、これまでの企業努力では現行の販売価格の維持が大変厳しい状況となった。

子会社のマルダイ味噌販売も4月1日から、製品により約4~7%の出荷価格の改定を行う。