ギフト、ビールはあるけど缶チューハイは?

今年の中元商戦も、ピーク日を過ぎたようだ。昨年の百貨店は悲観的な予想を覆して健闘し、今年の商戦にも期待がかかる。最近のギフトでは洋菓子の売れ行きが目立つが、ビールも根強い人気を誇り、主要な商材の一つになっている。大手各社もさまざまな商品を取り揃え、充実させてきた。昨年のビール減税以来、ビール回帰の流れもみられ期待が高まる。

▼ギフトに限らず、家庭用酒類市場では缶ビールも堅調ながら、缶チューハイ(RTD)市場は二ケタ成長を繰り返すなど注目度も高い。なぜ、このRTDがギフトに登場しないのだろうか。

▼この問いに対して、メーカー側からは「廉価なRTDはギフトに向かないのでは」などと否定的な声が聞かれる。しかし、百貨店側からは「若年層に強いRTDは、高齢化が進むギフト市場の若返りのためにも必要では」とか、「今から試行錯誤をして、消費者の声を拾わなければ将来の顧客に訴求できない」といった意見も出る。メーカーと販売側の間で意見の相違が少し見られるようだ。

▼立場が異なれば見方も異なる。将来の市場を見据えるためにも、異なる見解をぶつけ、新しい展開を模索すべきではないだろうか。