国分グループ本社 ディーツ社と資本業務提携 植物性食で協業

国分グループ本社は、プラントベースドフード(以下、PBF)を製造・販売するスタートアップ企業であるディーツフードプランニング(本社:奈良県橿原市、大川訓弘社長)と資本業務提携に関する基本合意を提携した。

ディーツ社は、グローバルなSDGsへの取り組みにおいて注目され、国内外で大きく伸長するPBF市場で、新たな素材である「おからこんにゃく」の製造に関する特殊技術を有する食のイノベーション企業。国分グループは第11次長期経営計画およびSDGsステートメントでサステナブルカテゴリーの拡大を掲げている。ディーツ社との中長期的な共創関係を構築し、おからこんにゃくを使用した新たなPBFを市販用・業務用のさまざまな事業者に販売することで、「食品流通業界における新たな価値創造を実現する」とした。

ディーツ社との基本合意内容は次の通り。

①ディーツ社が製造する商品の販売強化および取引先の新規開拓における協業
②ディーツ社の企業価値向上を目的とした相互の人財交流
③ディーツ社による国分グループ各種機能およびサービスの活用
④ディーツ社の中国およびアセアンエリア展開時における協業
⑤商品開発を中心とした協業実現に向けた両社メンバーによるプロジェクト発足