“香川常務”効果!? 「QTTA」売上2倍に 東洋水産

“香川常務”効果!? 9月14日に全国でリニューアル発売した東洋水産の縦型カップ麺「MARUCHAN QTTA」だが、10月までの約2か月の出荷数が1千万食を突破し、10月単月は前年比200%超の出荷数量というロケットスタートを切ったことが明らかになった。

“香川常務”とは、「MARUCHAN QTTA」のCMキャラクターを務める俳優の香川照之さん。9月8日、「MARUCHAN QTTA戦略担当常務」に就任した。「MARUCHAN QTTA」の魅力について香川常務は「まずは麺! え? こんなに!? とびっくりするくらい歯ごたえが増したしっかり麺! 」「そしてスープ。こちらもさらに旨味とコクが増した絶妙スープ! 」「麺もスープももともとおいしかったが、さらにおいしくなってる! 」「こんなのもう我慢できるわけがない! 」などCM中で熱弁をふるっていたが、こうした香川常務効果によるブランド認知の広がりと、「リニューアル前の商品に比べ、麺、スープが特に高く評価されている」(同社)という商品のブラッシュアップ効果が支持されたものとみられる。

今回の結果について香川常務は、「MARUCHAN QTTA戦略担当常務へ就任後2か月でこのような成果を残せたことは、皆さまがQTTAのCMを見て商品をご購入いただけた結果と思い、常務としては感無量でございます」とのコメントを発表。

新フレーバー「クリームカレーチーズ味」(MARUCHAN QTTA 東洋水産)
新フレーバー「クリームカレーチーズ味」(MARUCHAN QTTA 東洋水産)

同社ではこの機をとらえ、「MARUCHAN QTTA」1ケースが抽選で1千人に当たる「感謝の恩返しTwitterキャンペーン」を13日から実施するほか、23日には新フレーバー「クリームカレーチーズ味」を“パンに合うカップ麺”として新発売。さらなる間口拡大を目指す考え。