たこ焼き専門店「たこ寿」 名古屋に1号店 決め手は「スガキヤラーメン」の秘伝だし 多店舗化へ手応え

スガキコシステムズは5月30日、「イオンモール Nagoya Noritake Garden」に新業態のたこ焼き専門店「たこ寿」を出店した。同日リニューアルオープンした「スガキヤ則武新町店」に併設する形で営業。今年3月の「そよら鈴鹿白子店」(三重県鈴鹿市)に続く2号店で、名古屋市内では初出店となる。3号店以降についても、愛知県を中心に着々と出店準備を進めているところだ。

同店のたこ焼きは、「スガキヤラーメン」に使われている秘伝のだしを使用。幅広い年代層に受け入れられる味を目指した。

提供メニューは、プレーンの「そのまんま」(8個480円、6個380円)や、名古屋の昔ながらの味付けをスガキヤ流にアレンジした「甘辛どろしょうゆ味」(8個500円、6個400円)など全4種。1号店は8個入りのみだが、2号店では6個入りも用意した。

秘伝のだしを使用した生地はやみつきの味わい - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
秘伝のだしを使用した生地はやみつきの味わい

1号店もオープン以来好調で、たこ焼きは想定の2倍近くの売上推移。「オープン景気もあるかと思うが、たこ焼きが数量・売上金額ともにラーメンを上回っている」(本部)という。

今後の店舗展開については、7~8月の間に3号店、4号店の開業を愛知県下で予定。その後も商圏ニーズを踏まえながら店舗網拡大を進めていく計画で、多店舗化への手応えを感じている模様。

スガキコシステムズでは、コロナ禍の影響や深刻な人手不足などから、一時期大規模な店舗スクラップを進めたが、現在は再び出店ペースを加速している。また新規出店やリニューアルに際しては、その店独自のメニュー・サービスや「たこ寿」のような新たな挑戦を「スガキヤ」にプラスオンする形で出店を進めていくとしている。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日