富士小山ヤクルト工場「1000」設備が全面稼働 ヤクルト本社

ヤクルト本社は、「1000」シリーズを生産する新工場である富士小山ヤクルト工場(静岡県駿東郡小山町)が6月12日から全面稼働を開始した。

富士小山ヤクルト工場は、宅配向けの「Yakult(ヤクルト)1000」および店頭向けの「Y1000」の生産を行う新工場として2023年4月に設立。24年1月31日から順次生産を開始した。今回「Yakult1000」生産ラインの稼働を開始することで、設備が全面稼働となる。全面稼働後の最大生産能力は「Yakult1000」が60万本/日、「Y1000」が25万本/日。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日