2020 / 02 / 20 木曜日
ホーム タグ はごろもフーズ

タグ: はごろもフーズ

首里城復元に1億円 創業90周年ではごろもフーズ

はごろもフーズは創業90周年事業の一環として、火災で焼失した首里城の復元費用として1億円を寄付する。1月31日に後藤佐恵子社長が特約店3社と沖縄県庁を訪問し、玉城知事に目録を贈呈した。

はごろもフーズ 後藤常務が社長就任

はごろもフーズは15日の取締役会で、体調不良で退任する池田憲一社長に代わり後藤佐恵子常務取締役が社長に就任した。池田前社長は特別顧問に就任。松井敬常務取締役が代表取締役副社長事業本部長に就任した。

「シーチキンチキン」Webムービー公開 古川登志夫×神谷明の最強コラボ

はごろもフーズは、プリマハムとのコラボ製品「シーチキンチキン」発売を記念したプロモーションサイトを開設した。はごろもフーズのホームページに開設したWebサイトでは、海のチキン(まぐろ)と、陸のチキン(にわとり)の88年間におよぶ「チキン」の称号をかけた壮絶な戦いを描く、ショートムービーを公開。

麺に低糖質の波 パスタ、チルドなど続々 各カテゴリーでスタンダード化狙う

即席麺、チルド麺、パスタ……。麺に低糖質の波が訪れている。背景には根強い健康志向があるものの、技術革新により、おいしさと低糖質を両立した製品が続々と登場していることもありそうだ。

紙容器の「シャキッと!コーン」 国内初の充填機導入で はごろもフーズ

はごろもフーズは、紙容器(テトラ・リカルト)の「シャキッと!コーン(T)」(内容総量190g)を8月19日から全国発売する。国内で初めて、レトルト対応の紙容器(テトラ・リカルト)の製造設備を導入した。軽量で使いやすく、環境に配慮した紙容器の展開を広げる。

乾麺グランプリ、盛況裡に幕 メーカー24社が味の競演 日本アクセス

日本アクセスは18~19日、消費者向け食のイベント「乾麺グランプリ in Tokyo 2019」を東京・世田谷の駒沢オリンピック公園中央広場で開催した。全国の乾麺・調味料メーカーが自社商品を使った麺メニューを調理・販売、来場者の投票でグランプリを決めるもの。全国乾麺協同組合連合会との共催。
血糖値の上昇が気になる方のパパッとライス はごろもフーズ

「パパッとライス」から機能性表示食品 血糖値上昇をおだやかに はごろもフーズ

はごろもフーズは、イソマルトデキストリン配合の機能性表示食品「血糖値の上昇が気になる方のパパッとライス」を3月1日から全国発売する。

ゴルゴ13×オイルサーディンで「ゴルゴサーディン」 はごろもフーズ

はごろもフーズは、オイルサーディン缶詰「はごろも&キングオスカー オイルサーディン」と、今年11月に連載50周年を迎える大人気劇画「ゴルゴ13」がコラボレーションしたプロモーション企画を展開する。

新時代のシーチキン はごろも「サラダシーチキン」

はごろもフーズは、サラダチキン市場に参入する。マグロの赤身を食べ応えのある塊肉形状で真空パック包装した「サラダシーチキン」(内容量60g)を、9月3日から全国発売する。常温で長期保存が可能。サラダチキンとシーチキンの魅力を併せ持つ従来にない新形態のシーチキンとして、チルド売場での展開を進める。

国分+はごろも 缶詰で黄金タッグ 「シーチキンコンビーフ」完成

国分グループ本社ははごろもフーズと共同で開発した異色缶詰「K&Kシーチキンコンビーフ」を8月20日から全国で発売する。国分オリジナルブランド「K&K」の商標登録110周年とはごろもフーズのシーチキン誕生60周年を記念し、両社の主力品を組み合わせて商品化したもの。

暑い夏にはそうめんを!揖保乃糸が大阪で試食会

兵庫県手延素麺協同組合は1日、恒例の夏の販促イベントを大阪市淀川区のライフ・セントラルスクエア西宮原店で開催した。そうめん最盛期に「揖保乃糸」を振る舞って、そのおいしさと品質の高さを再認識してもらおうと毎年企画している。6月10日からスタートし、7月15日のサンリブJR鹿児島中央駅前まで、全国9都市11会場で開催する。

かつお製品 主原料、年明けから高騰 値上げの動き業界全体に

かつお製品の値上げの動きが拡大している。主原料のカツオが年明けから高騰しているため。削り節業界ではヤマキが8月1日出荷分から値上げを実施したのに続き、マルトモも9月出荷分からの値上げを発表したが、はごろもフーズが9月1日出荷分から、にんべんも10月2日出荷分からの値上げを発表した。
- Advertisement -

ロングランアクセス