【ひと言】「鮮魚厳しい」はチャンス サミット 服部哲也社長

(新店の鮮魚強化を問われて)「調理方法が分からない」「店員に質問しづらい」といった心理的ハードルを下げれば、お客様にはご購入いただける。当社は鮮魚の伸びが一番ぐらい良い。「鮮魚を売るのは厳しい」と思われている方が、むしろわれわれにとってはチャンスだ。(2月29日「ららテラス HARUMI FLAG店」で)

EU農産品  - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)