“ヌードル×サラダ”提案 新ブランド「NÃMEN」 働く女性に健康なまぜそば 本田商店

出雲そばメーカーの本田商店は、若年女性をメーンターゲットに、野菜と麺をおいしく食べることをコンセプトにした新ブランド「NÃMEN(ナーメン)」を立ち上げ、「野菜と食べるベトナムまぜフォー」「野菜と食べる麻辣まぜ蕎麦」「野菜と食べる韓国ビビンうどん」を4月15日からオンラインストアや量販店などで販売開始する。1人前、価格は税込480円。

「NÃMEN」は麺とドレッシング(たれ・つゆ)をセットにしたもの。コンセプトは「忙しいあなたにたっぷり野菜を」。ネーミングは野菜の「菜」と「麺」に由来する。

調理方法は3ステップ。好みの野菜や肉類など具材を用意し、麺を茹でて盛り付け、ドレッシングをかけるだけで満足感ある「まぜそば」が完成する。20~30代の働く女性らが忙しい合い間にも、「時短」「簡単」「健康」で「おいしい」食事を用意できる。

3品とも温タイプ・冷タイプのオリジナルレシピを幅広く訴求する。

「セロリとキュウリのさっぱり豚しゃぶそば」「キムチと野菜の温玉のせうどん」「香味野菜と海老のフォー」「ニラと豚肉の卵黄のせ温そば」「春菊と牛肉の温玉のせあったかうどん」「たっぷりきのことさつま揚げのフォー」など。共通で食感を豊かにするクラッシュピーナッツ、フライドオニオンなどの具材もおすすめ。

本田商店は島根県の老舗そばメーカー。現在はうどん、パスタなども製造する。売上高は約11億円、従業員数は約50人。新商品で使用した生麺は、添加物不使用でありながら、通年で常温保存180日間を実現している。

本紙に対し、本田繁代表取締役は「今回のようなオリジナル性の高い新ブランドを上市するのは初めて。当社が主力とする生麺・乾麺は購入者の年齢層が高くなっている。『NÃMEN』を通じて若い方々とも接点を築ければ」と話した。

なおブランドのプロデュースはラボラトリアン社、ドレッシングの味わいやレシピ開発はスープ専門店「Soup Stock Tokyo」などを手がけるスマイルズ社が協力。

EU農産品 フランス製 冷凍スイーツ オノレ onore - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)