家族の新定番に カレールウ「クロスブレンド」から香り豊かな「辛口」 ハウス食品

ハウス食品は昨年8月に約10年ぶりとなる大箱カレールウブランドとして誕生した「X-BLEND CURRY(クロスブレンドカレー)」の新アイテム「辛口」を2月12日から発売した。子どもから大人まで食べられる「スパイスを楽しむおうちカレー」というブランドコンセプトはそのままに、単調な辛さではなく、種々なスパイスと調和することで生み出した華やかな香りと辛さが感じられる香り豊かな辛口のルウカレーを提案する。8皿分(4皿分×2)。140g、税別参考小売価格258円。

ハウス食品はスパイスの辛さではなく、スパイスの香りと旨みに着目した「クロスブレンドカレー」を開発した。同社ルウ製品の中でも最多級のスパイスを使用。スパイスやハーブの知見や製法を駆使し、子どもも食べたくなる「スパイスの魅力のあふれたおうちカレー」を実現した。「クロスブレンドカレー」は発売から5か月で累計売上500万個を突破。ハウス食品3大カレー(バーモントカレー、ジャワカレー、こくまろカレー)に続く、おうちカレーの新ブランドとして市場に定着しつつある。

今回発売した「辛口」には同社大箱ルウカレーで初めて華やかな香りとシャープな辛さの「粗挽き黒胡椒」と爽やかな香りとすっとする辛さの「青唐がらし」を採用。香ばしく広がるホットな辛さの「焙煎唐がらし」も加え、辛みや香りの質が異なるスパイス3種による複雑な辛さと香りを表現した。

辛さや香りの質が異なるスパイス3種に合わせて、さらに香りを増強するスパイス(クミン、コリアンダー、マスタードシードなど)も調整・配合。複雑なスパイスの香りがありながらも、香りの高さ、伸び、広がりをさらに向上させた「新たな辛口」に仕上げた。

ハウス食品は「クロスブレンドカレー」について「家のカレーが、スパイスフルに。」というブランドコピーを掲げて各種プロモーション施策を実施。ブランドの浸透とトライアルやリピートの促進を図る。3月1日から全国でTVCMを出稿する予定。TVCMでは、スパイス感あふれる「クロスブレンドカレー」が家族の新しい定番になる様子を描く。オウンドメディアを活用した情報発信やキャンペーン、店頭プロモーションに注力し、生活者との接点の拡大を目指す。

EU農産品 フランス製 冷凍スイーツ オノレ onore - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)