日水物流 南港物流センター開業へ 阪神地区の保管機能拡大

ニッスイのグループ企業で冷蔵倉庫業などを営む日水物流は、大阪港湾地区の庫腹拡大のため、「南港物流センター」を営業冷蔵倉庫として2024年1月に開業する予定。

同センターは商船三井大阪南港物流センターの冷蔵倉庫棟を賃借するもの。近年は阪神港周辺での貨物が増加し、冷蔵倉庫の保管スペースがひっ迫、今後も需要拡大が見込まれている。国際・国内物流に至便な好立地に新たな拠点を設け、輸入貨物を中心とする保管型冷蔵倉庫として運営する。近隣の日水物流大阪舞洲物流センターをはじめ、既存の拠点とも連携を図っていく。

一方、2030年度中に自然冷媒を使用した冷却設備の更新を計画し、照明のLED化・トラックバースの密閉化工事も実施、環境負荷の低減に取り組む。また物流2024年問題への対応を念頭に、バース予約システムを導入して待機車両の解消、さらには庫内作業とバース管理の連携も推進、物流の効率化と生産性の向上を目指す。

【設備概要】

▽名称:日水物流南港物流センター
▽所在地:大阪府大阪市住之江区南港東7-2-92
▽主要業務:輸入貨物の保管・入出庫
▽設備能力:1万5千985設備t(C級1千373設備t、F級1万4千612設備t)
▽トラックバース:11バース

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日