ハウス「唐がらし族」に「鬼辛」 鮮烈な強い辛み

ハウス食品は唐がらしをブレンドした「唐がらし族」シリーズの展開を強化する。シリーズ史上最強の鮮烈な強い辛みが特徴の「鬼辛」を8月14日から新発売。「大辛」も風味とパッケージをリニューアルし、同日から順次切り替える。2品ともに45g、税別希望小売価格360円。

「鬼辛」は一般的な辛みの唐がらし(鷹の爪)をベースにハバネロ、ジョロキア系の非常に辛みの強い唐がらしをブレンド。後からジワジワと立ち上がってくる強い辛みが特徴だ。コクを感じる赤唐がらしや香り立ちの良い青唐がらしも加え、飽きのこない風味に仕立てた。

毎日使えるたっぷりサイズで使い勝手の良い振りかけタイプのボトル容器を採用。麻婆豆腐、鍋物、ラーメン、パスタ、ピザ、スープなどの好きな料理にかけて使える。唐がらしだけをブレンドしているため、料理の風味はそのままに強い辛みを楽しめる。

「大辛」は今回のリニューアルで非常に辛みが強くキレの良いジョロキア系の唐がらしとコクのある唐がらしを採用している。辛みにコクを加えているため、飽きのこない辛みと風味が特徴だ。シリーズとしての統一感を図りつつ、店頭でより目にとまるパッケージデザインにリニューアルした。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球