ぶりを使用した新シリーズ 「シーチキンEvery(エブリ)」 はごろもフーズ

はごろもフーズは、ぶりを原材料に使用した「シーチキンEvery(エブリ)」を8月21日から全国発売する。近年、かつお・まぐろ類が漁獲量の減少や世界的な需要増を背景に原料調達が難しくなる中、日本人になじみのあるぶりを使用した新たなシーチキンを開発。より安定的でサステナブルなシーチキンへと進化する。

ぶりは魚肉の色が、きはだまぐろに似ており、「シーチキンとしてお客さまにお届けするにふさわしい味(おいしさ)を実現できた」(同社)。まぐろ・かつおと比べて、DHA・EPAの含有量も多いという。

新製品は「シーチキンEvery(エブリ)」「オイル不使用シーチキンEvery」の2品。各70g、税抜参考小売235円。原材料には、日本国内で水揚されたぶりを使用。いずれもフレークタイプで、幅広いメニューに使えるシーチキンのおいしさにこだわった。

「オイル不使用シーチキンEvety」(はごろもフーズ) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
「オイル不使用シーチキンEvety」(はごろもフーズ)

商品名は、ぶりにちなんで「Every(エブリ)」。いつもの、みんなから愛され、どこの店でも出会え、毎日の食卓に欠かせないシーチキンとして、「未来に向けて永く愛されるシーチキンになるように」との思いが込められている。初年度販売目標は2品計16万8千個。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球