QRコードで飲料購入 ダイドードリンコ「Drink Pay」開始

ダイドードリンコは、自動販売機にQRコードをかざして飲料が購入できるサービスの名称を5月10日から変更した。既存の「QRオフィス決済」は「Drink Pay」として新たにサービスを開始し、自販機を設置するオフィスや工場などの福利厚生や来客対応の業務効率化などの効果を引き続き提供していく。

「Drink Pay」は、自販機利用の際に、あらかじめ印刷もしくはスマートフォンで表示したQRコードを自販機に取り付けた読み取りカメラにかざすことで飲料購入ができるもの。

これまでもオフィスや工場などを中心に導入されており、導入事例では、福利厚生としての飲料提供による熱中症対策の促進や、その提供の効率化。来客対応や飲料保管業務の効率化、ウェルカムドリンクなど、様々な場面での有効活用が期待されている。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日