「こつぶキューちゃん」の賞味期間を延長 食品ロス削減へ 東海漬物

東海漬物は6月生産分から、「こつぶキューちゃん」の賞味期間を90日から120日へ延長。昨今の社会課題の一つである食品ロスの削減に貢献する。

今年1月に賞味期間を120日に延長したロングセラー「きゅうりのキューちゃん」に続き、姉妹品の「こつぶキューちゃん」も賞味期間延長後の品質を維持できると確認できたため賞味期間を延長する。

「こつぶキューちゃん」は小粒カットで食べやすく、おにぎりにもぴったりで使いやすい胡瓜の醤油漬。厳選した4種類の本醸造醤油をブレンドし、醤油の香り、ふくらみ、後ひくうま味を追求した。食感の良い四葉胡瓜、国産生姜の絶妙なおいしさが味わえる。

15年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)では、30年までに食品ロスを半減させることが掲げられており、賞味期間切れによる廃棄物の削減といった食品ロス削減に対する関心が高まっている。同社は今後もさらなる品質向上に努め、社会課題にも対応していく。

 - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)