「ピンクのイースター」開催 岩下の新生姜ミュージアムで

岩下食品の企業博物館である岩下の新生姜ミュージアム(栃木県栃木市)では今月12日から5月28日まで、同社の看板商品「岩下の新生姜」のイメージカラーであるピンクと、イースターに用いる卵をモチーフにしたイベント「ピンクのニュージンジャーイースター2023」を開催している。人気企画のニュージンジャーエッグハントを今年も開催するほか、新フォトスポットやプロジェクションマッピング、「岩下の新生姜」と卵の相性の良さを体感できるカフェメニューなど、限定コンテンツが盛りだくさん。ピンクの卵をモチーフにした館内装飾でイースターの雰囲気を楽しめる。

ニュージンジャーエッグハントは館内のピンク色の卵の中に隠れている白い卵を探して、合い言葉を導き出す参加型ゲームで、正解者には公式キャラクターのイワシカをデザインした特製ステッカー(非売品)をプレゼントする。

ステージ装飾にはイワシカエッグが新登場。ピンクに光る卵が春らしく、かわいらしい雰囲気で来場客を迎える。巨大パッケージに入って「岩下の新生姜」になりきり、来館記念の写真撮影もできる。

また、フォトスポットとして人気の世界一大きな岩下の新生姜ヘッドで、イワシカやがーりーエッグが、軽快な音楽にのってパレード。ピンクと卵がいっぱいのプロジェクションマッピングで、岩下の新生姜ミュージアムならではの世界観を表現している。

さらに、ミュージアム内のカフェでは、岩下の新生姜タルタルで食べるチキン南蛮風プレートや、岩下の新生姜ジャムを使用したチョコブラウニーなどを期間限定で提供している。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日