今日からマスク着用緩和

先週10日まで開催されたフーデックス。4年ぶりに世界60か国・地域から2千500社が出展。会場を東京ビッグサイトに移したこともあり、昨年の2倍超となる7万人が来場し、初日朝には受付の行列が会場外まで続いた。

▼コロナ禍の3年間、展示会のありようも変わった。新型コロナの行動制限で一時は開催が難しい時期もあったが、リアルでの開催はほぼコロナ前に戻ってきた。感染対策を講じながらの苦労はあるが、リアルでのコミュニケーションとデジタルを活用したハイブリッド形式の新たな提案も広がっている。

▼ある業務用卸のトップは「以前は来場者数も気にしていたが、今は数よりも中身。出展メーカーや自社の提案に耳を傾けていただき、共創につながる場の提供が大事」と語る。スマホでの事前予約やサンプル依頼、日々の受発注など、コロナ対策から業務改善につながる事例も増えてきた。

▼今日13日から屋内でもマスク着用が個人の判断に委ねられる。しばらくは適度な距離感を保ちながらの脱マスクとなりそうだが、正常化に向けた大きな一歩だ。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球