サミット 代官山に渋谷区3店目 スーパー空白地の需要狙う

サミットは2月、渋谷区内で3店舗目となる「サミットストア代官山鉢山町店」をオープンした。近隣には大使館が多く、服飾店やカフェ併設型書店などが並ぶ。服部哲也社長は従業員に向けた開店前のスピーチで「既存2店舗(笹塚店、渋谷本町店)とは環境が異なり特徴のある街だが、日常の食生活をまかなう商品をきちんと売ることが最大の使命」と述べ、美味しく鮮度が良い商品を品切れせずに提供することやクリンリネスなど、従来と変わらぬ方針を強調した。

代官山鉢山町店の半径500m圏内は同規模のスーパーがなく、人口は1万575人(6千276世帯)。同1㎞圏内に広げると競合店が多く、人口は5万630人(3万274世帯)。

服部哲也社長(サミット) - 食品新聞 WEB版(食品新聞社)
服部哲也社長(サミット)

売場面積は700㎡、1階と地下1階の2フロア構成で、1階はベーカリーや総菜などの即食商品。総菜売場は、週末はファミリー向け大容量商品を強化するなど曜日や時間帯によって品揃えを変えながら、昼食・夕食ニーズに応える。

地下1階には、生鮮3品をはじめ日配品、加工食品、菓子、冷食、酒類、家庭用品などを品揃えする。青果では店内製造の「フレッシュサラダ」「カットフルーツ」のほか、「フルーツ杏仁」を新たに販売。鮮魚では刺身を充実、精肉ではプリマハムの上質加工肉「代官山シリーズ」を取り扱う。

12台のレジはセルフ精算レジが2台(精算機4台)で残り10台はすべてセルフレジとなっている。従業員数は71.7人(正社員23.5人、パートタイム・アルバイト社員48.2人)。

年間の売上目標は18.5億円とした。チェーン全体で123店舗となる。

5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも