サントリー「ボス」缶コーヒー115円→140円 一部商品を除く缶・瓶商品25年ぶりに価格改定 5月1日から

 サントリー食品インターナショナルは2日、5月1日出荷分から一部商品を除く「ボス」缶コーヒーなど缶商品と瓶商品を価格改定すると発表した。

 今回の対象商品の価格改定は1998年以来25年ぶりになる。2022年10月1日に価格改定を実施した飲料165品以外の計42品が対象となる。

 原材料価格の高騰など製造原価の大幅な悪化を受けた措置。

 「2022年10月1日に一部商品の価格改定を実施したものの、従来の原材料コスト上昇の継続に加え、さらなる関連コスト上昇も加わり製造原価が悪化していることから、これまでの企業努力だけでは吸収できるレベルを超えてきている」(サントリー食品インターナショナル)という。

 メーカー希望小売価格の改定率は19~22%アップとなる。

 一例を挙げると「ボス」の缶コーヒー(185g缶)の希望小売価格は115円から140円に引き上げられる。

5月8日は「#ぬか漬けの日」アイデアレシピ大募集
優秀作にはプレゼントも