ポッカサッポロ新社長に時松 浩氏

 ポッカサッポロフード&ビバレッジのトップ交代人事が21日内定した。現・サッポロ不動産開発代表取締役社長兼サッポロホールディングス常務グループ執行役員の時松 浩氏が代表取締役社長に就任し、現・代表取締役社長の征矢真一氏は退任する。
 12月29日開催予定の臨時株主総会、23年1月1日開催予定の取締役会で正式に決定する。

 なお時松浩氏はサッポロホールディングス常務グループ執行役員に、征矢真一氏はサッポロホールディングスグループ執行役員に23年1月1日付で就任予定となっている。

 時松 浩(ときまつ ひろし)=1962年2月23日生まれ。60歳。大分県出身。84年慶應義塾大学商学部卒業後、江崎グリコ入社。91年10月サッポロビール(現サッポロホールディングス)入社、2001年9月マーケティング部ブランドグループリーダー、03年7月純粋持株会社移行に伴い新設サッポロビールへブランド戦略部企画グループリーダー、 03年9月サッポロ飲料出向営業本部担当部長、 04年9月同社営業企画部長、 05年9月同社営業企画部長兼 マーケティング部長、 06年3月同社経営戦略部長、 06年10月サッポロビール復職、サッポロブランド戦略部家庭用戦略グループリーダー、 08年3月同社営業企画部長、10年 3 月同社関信越本部長、 12年3月同社執行役員新価値開発部長、12年9月同社執行役員スピリッツ戦略部長、13年 3月同社取締役執行役員営業本部長、 15年3月同社取締役常務執行役員営業本部長、16年3月同社取締役常務執行役員兼経営戦略部、経理部担当、18 年1月同社取締役常務執行役員兼経営戦略部、経理部、国際事業部担当を歴任し、19年3月より現職。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球