カカオが健康寿命延伸 新たな有効成分を確認 明治が研究成果

明治はこのほど、カカオに関する新たな研究成果を発表した。

東京工科大学の応用生物学部免疫食品機能学研究室の今井伸二郎教授、山梨学院短期大学(遠藤清香学長)食物栄養科の萱嶋泰成教授らと行った研究で、カカオ成分の一種である「脂肪酸トリプタミド」の摂取が、生命維持に重要な酵素「サーチュイン」を特異的に活性化させ、ショウジョウバエの寿命を延長することを確認した。サーチュインの活性化は老化抑制や肥満や糖尿病などのメタボリックシンドロームの予防にも有効とされており、今回の研究を通してカカオの継続的摂取が単に寿命を延長するだけでなく、健康寿命延伸につながる効果がある可能性が明らかになった。

日本をはじめ先進国の平均寿命は延伸している一方、平均寿命と健康寿命には10年ほどの開きがあり、健康寿命の延び幅が男女ともに平均寿命の延び幅と比べ小さいことが社会課題となっている。カカオに含まれる健康成分の中でもカカオポリフェノールは活性酸素を抑えることから生活習慣病への有効性が示されてきた。一方で寿命延長に関する有効成分の知見は少ないことから、今回の研究ではポリフェノール以外のカカオ成分が寿命を延ばす可能性を検討した。

カカオ成分の一種である「脂肪酸トリプタミド」を添加した餌をショウジョウバエに食べさせた場合、通常の餌に比べ平均寿命が4日、14%程度延びた。これを人に置き換えると81・6歳(日本人男性の平均寿命 厚生労働省令和2年簡易生命表)だった寿命が93歳まで延びる換算となる。またショウジョウバエに壁上り運動をさせると通常の餌を食べた場合よりも、加齢に伴う運動能(筋力)の低下を防ぐ効果も確認されたという。

研究成果は7月15日に「Scientific Reports」(022 12(1):12080)に掲載された。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球