マーガリン、チーズなど家庭用56品値上げ 明治

明治は9月1日出荷分から家庭用油脂類など16品、市販用冷凍食品11品、10月1日出荷分から家庭用チーズ23品、菓子類6品の価格改定、容量変更などを実施する。

家庭用油脂類などは価格改定14品、容量変更1品、価格改定と容量変更1品。主要商品の税別新価格・新容量などは、「明治コーンソフト(300g)」が360円(現行320円)、「明治バター50%贅沢ブレンド」130g(同140g)、「明治チューブでバター1/3」が税別315円(同300円)で容量150g(同160g)。

市販用冷凍食品は「明治レンジピッツァ&ピッツァ2枚入(250g)」などについて出荷価格を約3~5%引き上げる。

家庭用チーズは価格改定15品、容量変更1品、価格改定と容量変更7品。主要商品の税別新価格・新容量などは、「明治北海道十勝スマートチーズ」400円(365円)、「明治北海道十勝細切チーズ」120g(130g)、「明治北海道十勝スライスチーズ7枚入」が税別400円(380円)で容量112g(126g)、「明治なめらか6Pチーズ」360円(340円)、内容量96g(100g)など。

菓子類は「ヨーグレット」「カールチーズあじ」(西日本エリア限定発売)などの出荷価格を約6~9%引き上げる。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日