W素材の「飲む玄米」 麹と玄米で健康サポート 八海醸造

八海醸造は9月上旬、ノンアルコール飲料「麹だけでつくったあまさけ」シリーズの新ラインアップとして「飲む玄米」を新発売する。より健康面に着目し、多くの栄養成分を含む玄米を使った麹甘酒を提案する。

玄米は、その栄養価や機能性に加え、噛み応えのある食感から得られる満足感など健康的なイメージが根強くある一方で、調理にひと手間が必要なことから手に取ることを躊躇する層も多い。

同社は今回、自社のあまさけ醸造所と研究開発室の技術を生かし、また製造に適した加工玄米、東洋ライスの「金芽ロウカット玄米」を使用することで、玄米の風味や特長を感じながらも雑味とは感じさせないまろやかなコクを生かした「八海山のあまさけ」にふさわしい、シンプルですっきりとした味わいを実現した。まさに「飲む玄米」と呼ぶに適した味わいで、毎日の健やかな生活や手軽に玄米を取り入れたい人に、麹と玄米のW素材で健康生活をサポートする。115㎖、税込205円。

同社は09年に「麹だけでつくったあまさけ」を発売以来、ストレートでの飲みやすさを追求した「麹だけでつくったすっきりあまさけ」や、植物性乳酸菌を配合し機能性を追求した「乳酸発酵の麹あまさけGABA」など、多様な楽しみ方で健やかな麹甘酒ライフに親しめる製品づくりを行っている。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日