「キューちゃん」など10g減量 東海漬物、コスト増で7月から

漬物大手の東海漬物は7月1日以降の生産分より一部商品の規格を変更する。

対象商品は「きゅうりのキューちゃん」「きゅうりのキューちゃん1.5倍」「味キムチ」「青しその実」「おいしさたっぷり福神漬」「Wカップ ごまきゅうり漬・しば漬」「同 ごまきゅうり漬・つぼ漬」の7品目で、各商品の内容量を10g減量する。

原材料など諸物価の高騰が各方面に影響を与えており、同社も生産体制の見直しや業務の効率化などコスト増加分を吸収する努力を続けてきた。しかし、依然として非常に厳しい状況が続いていることから一部商品の容量ダウンを決断した。

アイリッシュグラスフェッドビーフ日本市場拡大へ全力投球