六甲バター 代替チーズ「Pシュレッド」に優秀味覚賞 アーモンド使い風味再現

六甲バターのチーズ代替の植物性食品「Pシュレッド」が、ITI(国際味覚審査機構)2024年で優秀味覚賞を受賞した。チーズ代替食品では日本初となる。

同商品は、同社が23年6月にまず業務用シュレッドから投入した新ブランド「QBB PLANT MADE」シリーズの、家庭用第一弾として24年3月に新発売。同シリーズは、原料は植物性素材の中でもコクが出やすいアーモンドを使い香りにもこだわり、チーズのような味わいを再現した。

同賞は、ITIが6月3日に世界一斉発表した。世界のシェフやソムリエで構成される審査員が、第一印象、視覚、嗅覚、食感、味覚の官能特性評価に基づいて審査し、総合評価70%以上の製品が対象となる。

また、同商品は、NPO法人ベジプロジェクトジャパンからヴィーガン認証を取得していたが、このほど、ハラル・ジャパン協会からムスリムフレンドリーの推奨マークを取得した。同社は「一次原料でアルコールを使用した食品も避けたい方にも、安心して食べていただける」としている。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日