2020 / 02 / 21 金曜日
ホーム タグ 日清オイリオグループ

タグ: 日清オイリオグループ

生活者研究25年の足跡

日清オイリオグループの「生活科学調査研究レポート」が25周年を迎えた。記念すべき第1号レポートは「キッチンにおける油の存在」(95年)。揚げ物に使う鍋という設問では半数以上が天ぷら鍋と回答。テフロン加工と鉄のフライパンがともに2割弱で、当時の台所風景が垣間見える。

「日清MCTオイルHC」にポーションタイプ 外出先でも手軽に

日清オイリオグループは「日清MCTオイルHC」ポーションタイプ(6g×10本入り)を2月27日から発売する。日清MCTオイルから持ち運びに便利なポーションタイプを投入。1日の目安となる1本6gのポーションで、計量が不要。MCT(中鎖脂肪酸油)100%の食用油で無味無臭のさらっとしたオイル。

株式会社J-オイルミルズ 代表取締役社長執行役員 八馬 史尚氏

19年の当業界は、原材料価格や物流コストが上昇する中、お客様の低価格志向は根強い状況であり、企業間の競争が激化する厳しい事業環境が続いた。また、昨年同様に数多くの自然災害に見舞われた年でもあり、その影響も少なからずあった年といえる。

日清オイリオグループ株式会社 代表取締役社長 久野 貴久氏

世界経済は先行きの不透明感が根強く、米国をはじめとした保護主義の流れによる影響も懸念される。日本経済は緩やかな回復基調にあるが、個人消費は力強さに欠ける。相次いだ自然災害や消費増税後の反動減で成長率が鈍化する可能性もあるが、東京五輪に向けた消費の押し上げに期待している。

「かけるオイル×みそ汁」 9割が相性の良さ実感 日清オイリオGがアンケート

日清オイリオグループは、料理写真共有アプリ「SnapDish」(スナップディッシュ)を運営するヴァズ、マルコメと共同で実施した「かけるオイル×おみそ汁」写真投稿キャンペーンのアンケート調査結果を公表した。キャンペーンに参加したモニターからは「オイルとおみそ汁の相性」について、約9割が「良いと思う」との回答を得た。

食品大手、売上高前年並みもコスト対応進み利益改善 2Q業績

主要食品NBメーカー(2020年3月期/上場売上高上位20社)の第2四半期業績は、増収12社、増益12社となった。M&Aによる変動を除き、売上高は各社とも小幅な増減でほぼ前年並みとなったが、利益は各種コスト増への対応が進み、2ケタ減益は前同の8社から2社に減少、全体的には堅調に推移した。

J-オイルミルズ、付加価値戦略を加速 物流費などコスト上昇で「価格改定に理解を」 八馬社長

J-オイルミルズの八馬史尚社長は第2四半期決算説明会で、高付加価値品の拡販やソリューション事業における提案強化など、成長戦略の取り組みを加速させる方針を示した。

付加価値品の拡販進む日清オイリオ 「かけるオイル」さらに伸ばす 久野社長が方針

日清オイリオグループの久野貴久社長は12日の上期決算説明会で、グローバル化と多様な付加価値型ビジネスの推進を加速させる方針を示した。付加価値カテゴリーの利益貢献は、13年度を100とすると18年度末で141%まで上昇。今年度は149%を目指しており、上期末の進捗も順調に推移している。

製油大手2社が提携協議 搾油事業で協業検討へ 日清オイリオとJ-オイル

日清オイリオグループとJ―オイルミルズは10月29日、搾油事業に関する業務提携の協議・検討を開始することで合意した。両社で共同プロジェクトを設置し、提携範囲と具体的な内容について検討を開始。2020年3月末までの業務提携締結を目指す。資本提携は検討しない。
伊藤忠食品西日本営業本部 第3回西日本秋季商談会

伊藤忠食品 大阪で西日本商談会 業務用や地産品を提案

伊藤忠食品西日本営業本部は24日、大阪市の太閤園で「第3回西日本秋季商談会」を開いた。メーカー105社(業務用30社、市販用34社、地域産品33社、ヘルス&ビューティー8社)が出展、得意先約200社が来場した。

注目集めるMCTオイル 美容や持久力向上に期待 日清オイリオがセミナー

日清オイリオグループはこのほど都内でメディアセミナーを開催。美容やスポーツ栄養分野での新たな働きが注目される、MCTオイルの機能や研究成果について紹介した。MCTの主成分、中鎖脂肪酸はココナッツなどのヤシ科に含まれる成分。MCTは一般的な油に比べて脂肪酸の長さが短く、体内ですばやく消化吸収され、エネルギーとして消費されやすい特徴を持っている。

食品大手、売上高は堅調 営業益で明暗 為替、増税など先行き不透明

主要食品NBメーカー(2020年3月期/上場売上高上位20社)の第1四半期業績は、売上高こそおおむね堅調に推移したものの、原材料価格の高騰や物流費をはじめとする各種コスト増などを受け、営業利益は11社が減益。このうち7社は2ケタ減益という厳しいスタートとなった。

日清オイリオ、オリーブオイル、アマニ油を強化 大手メーカーとのコラボ企画も 秋のプレゼン開催

日清オイリオグループは7日、東京・ホテルニューオータニで「2019秋のプレゼンテーション」を開催。秋冬商戦を前に量販店・卸店など得意先関係者を招き、ホームユース(家庭用)、業務用、ウエルネス食品、ギフトなどの商品政策や販促企画を紹介した。

「鮮度のオイル」と「科捜研の女」がコラボ!? TV局イベントで“かけるオイル”メニュー提供

日清オイリオグループは、今年も在京テレビ局の夏祭りイベントで「鮮度のオイル」シリーズを使った“かけるオイル”のメニューが楽しめる体験ブースを出店。

「デジタルロジスティクス推進協議会」設立 物流情報のデジタル化、企業間の共同利用へ検討

日本パレットレンタル(以下、JPR)は7月29日、サプライチェーン事業者各社と共同で「デジタルロジスティクス推進協議会」を設立した。協議会ではサプライチェーンの全体最適の実現と、社会への貢献を目的に、物流情報のデジタル化・標準化、企業間の共同利用に向けた検討を開始する。

オリーブオイルの新たな楽しみ方紹介 代々木上原に「食べるハーバリウムCAFE」 BOSCO×クラシル

日清オイリオグループは今月18日から31日まで東京・代々木上原の「ノードウエハラカフェバーアンドデリ」で、日本最大のレシピ動画サービス「クラシル」とコラボレーションした期間限定タイアップカフェ「かけるおいしさ、みつけた。食べるハーバリウムCAFE」をオープンしている。

MCTオイルで活力チャージ 丸の内に期間限定カフェ 日清オイリオ

日清オイリオグループは5日から18日まで、東京・丸の内の「Marunouchi Happ.Stand&Gallery」で、MCTオイルを楽しめる期間限定のタイアップカフェ「1spoon cafe by MCT」をオープンする。期間中は通常メニューにMCTオイルをかけて楽しめるほか、期間限定メニューのカレーやサラダ、テイクアウト用のスイーツを提供する(各日とも数量限定)。

食品大手 売上堅調も増益8社のみ コスト増、減損など影響 前期業績

19年3月期売上高上位20社(非上場除く)の連結業績は、増収16社、増益8社で、増収増益は7社だった。売上げは順調に伸びたが、原価高をはじめとするコスト増や減損損失計上などが響き、減益は18年3月期の7社から12社に増加。

「新たな市場を創る」 かけるオイルの提案強化 日清オイリオ・久野社長

日清オイリオグループの久野貴久社長は20日の決算説明会で、今年度の経営方針について「グローバル化と付加価値戦略を加速させる」と語り、国内ではかけるオイル市場の成長拡大や、高齢者の低栄養対策やスポーツ・美容領域でのMCTオイルの拡販、業務用油脂における健康・機能軸の提案をさらに強化する考えを示した。

日清オイリオ 横浜磯子春まつり 37回目の恒例イベント

日清オイリオグループは4月20、21の両日、横浜磯子事業場で「日清オイリオ横浜磯子春まつり」を開催。地域住民をはじめ市民とのコミュニケーション促進を目的に、今年で37回目を迎えた恒例のイベント。天候にも恵まれ、2日間で1万3千400人超が来場した。
- Advertisement -

ロングランアクセス